シグママテリアル株式会社は、1989年の設立以来、エレベーター・エスカレーターの各種部品と交通関係の機器・部品の加工と組み立てを追求することで、お客さまのニーズにお応えしてきました。
会社概要
商号
シグママテリアル株式会社 (Sigma Material Corporation)
設立
1989年6月
取締役社長
廣田 佳邦
資本金
1,000万円

勝田営業所

事務所

研磨作業

塗装作業

営業品目
合成樹脂製品
合成樹脂成形品(圧縮成形品、 射出成形品、 押出成形品など)
FRP成形品(圧縮成形品、 ハンドレイアップ成形品など)
機械加工品(電気絶縁用加工品)
合成樹脂製品(シート、 フィルム、 チューブなど)

電気絶縁材料
電気絶縁材料各種
電子材料各種
左記材料の抜き加工品

機械装置部品
一般鋼材加工部品
鋳造品加工部品
鍛造品加工部品
銅材・アルミ材加工部品
上記複合組立部品
主な製作部品
エレベーター・エスカレーター関係
ディスクブレーキ部品/防音・防振用カバー/パネル支え/照明用アクリルレンズ/ハンドレールガバナープーリ/ランプカバー/摩擦シュー/軸受け/バネ座/遮煙ドア用戸袋塞ぎ板/その他エレベーター・エスカレーター用部品の組み立て

交通関係
ナイフスイッチ(50A/100A/200A/1000Aなど)
リレー用ソケット各種/真空接触器用リードワイヤー/各種CONN部品/各種ラミネートブスバー/基板ケース用カバー/ゲートドライブ用フレーム/各種サポート/耐圧試験コネクター/その他交通用部品の組み立て
沿革
1989年6月
シグママテリアル株式会社を茨城県北茨城市に設立。
1989年7月
茨城県ひたちなか地区販路拡充のため勝田営業所を開設。
1990年9月
大津町に加工組立部門として大津工場を設立。
エレベーター部品の防音、防振部品の製作を開始。
1991年5月
大津工場にプレス機を導入し薄葉材料の型抜き加工を開始。
1996年4月
エレベーター用ハンドレール、交通用導体被覆作業のため、小型熱風循環高温機を導入。
1996年5月
エレベーター・エスカレーター用鋳造品の機械加工のため、横型マシニングを導入。
1997年2月
エレベーター・エスカレーター用切断・穴開けのため、炭酸ガスレーザー加工機を導入。
1999年11月
ウレタンフォームなど軟質材の切断加工のため、半自動バーチカル切断機を導入。
2004年11月
パワーユニット用接続導体(CONN)の製作を開始。
2009年1月
接続導体バー(CONN)製作のため、万能曲機を導入。
2009年5月
接続導体バー(CONN)製作開始。
2013年11月
パワーユニット用接続導体(CONN)切断作業のため、ウォータージェット切断加工機を購入。
2015年10月
業界再編成の一環として日東絶縁グループの一員となる。
2015年11月
勝田営業所を株式会社日東テック(ひたちなか市部田野)敷地内に移転。
主な納入先(敬称略、順不同)
株式会社日立ビルシステム
株式会社日立製作所 交通システム社
日立交通テクノロジー株式会社
株式会社日立ハイテクノロジーズ
日東絶縁株式会社
株式会社内原電機製作所
サイタ工業株式会社
株式会社進和製作所
所在地

〒311-1252 茨城県ひたちなか市部田野2991番7
TEL. 029-352-9850 
FAX. 029-352-9851